忍者ブログ
ここはTW2「シルバーレイン」のPC「朱鴉・詩人」「リズ・シュトラウト」「フィズ・シュトラウト」のブログです。 解らない人は回れ右。 基本的にリンクフリー。何かしら報告してくれたら狂喜
カウンター
web拍手
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
朱鴉・詩人
性別:
男性
自己紹介:
結社「Laboratory」の責任者
割と真面目だが、ネタもどんとこい
年中白衣の似非研究者
最近欲しいのは奥の手
最古記事
(07/12)
(08/13)
(08/17)
(08/19)
(08/19)
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [130]  [124]  [123]  [122]  [120]  [119
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、時限トップがあったようで

3回あったらしいな。背後は都合上、どれも見れてないが文章と絵は手に入れたんだと
つーわけで、気になる面子もいるだろうし乗せるぜ
んでも、絵の方は著作権とかその辺の事がイマイチなんで省くぞ


背後さんとメッセが繋がってる人は言ってくれればあげるよーっ

追記で、全文公開いたします

~とある街角にて~

 街角を行く、一人の青年。
 黒いアタッシュケースを懐に抱えた彼は、空を見上げて呟く。

「まさか、この高度に文明化された日本が、我等が安住の地になるとはな」
 詠唱銀の豊かな力を感じて、彼はうっすらと笑みを浮かべた。
「この地に、我らが『城』を。さすれば確かに、我等は昔日の栄華を取り戻す事だろう……」

 だが、彼の笑みは一瞬でかき消される事となる。

「あの……女は……!」
 それは、彼の視線の先にいる、一人の女に気付いたからである。
 長身で精悍な女の姿。銀色にたなびく長髪は……まるで狼の如く……。

 次の瞬間、男は弾かれたように走り出す。
「(今は戦うべき時ではない。これを、奴等の手に渡すわけには……!)」

 しかし。
「騎士の力を侮ったな、吸血鬼!」
 銀髪の女がそう叫ぶと同時に放った詠唱銃の弾丸は、走り出した男を的確に捕らえる。
 平和な市街の中央で、乾いた銃声が響き、男の全身が血に染まる。
「……ぐっ!」
 男はアタッシュケースを後ろ手にかばいながら、それでも女に反撃を加えるべく、懐からガンナイフを取り出し、応戦する。
 だが、それも一時の仇花。
 更なる女の射撃を浴び、男は血まみれで路上に倒れ伏すのであった。

 銀髪の女の襲撃を受け、男は路上に倒れ伏した。
 女は素早く彼に近付き、後ろ手にかばっていたアタッシュケースに近付く。
 しかし、アタッシュケースは既に開いており、中身は空であった。

「出し抜かれたか……元より空だったか、或いは交戦中に、中身だけを行き交うトラックの荷台にでも投げ入れたか……」
 そう呟くと女は立ち上がり、雑踏に紛れるように姿を消した。

「……アレは取り逃したが、どこに逃げても無駄だ。古よりの運命の糸があるかぎりな……」




見る限り、件の吸血鬼と目されている集団の1人と、人狼?と思われる女性の小競り合いといった所ですか

アタッシュケースの中身はかなり重要なものっぽいな
ひょっとするとメガリスじゃねぇかな


そしてお互いに使ってる武器に注目っ
詠唱銃にガンナイフっ。両方とも術式武器なんだよねっ


ゴースト島の事も取り沙汰されていますし、近い内に大きな動きが出そうですね

やれやれ。平和な時間もそろそろ終わりか

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © らぼらとりー別館 All Rights Reserved.
忍者ブログ/[PR]