忍者ブログ
ここはTW2「シルバーレイン」のPC「朱鴉・詩人」「リズ・シュトラウト」「フィズ・シュトラウト」のブログです。 解らない人は回れ右。 基本的にリンクフリー。何かしら報告してくれたら狂喜
カウンター
web拍手
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
朱鴉・詩人
性別:
男性
自己紹介:
結社「Laboratory」の責任者
割と真面目だが、ネタもどんとこい
年中白衣の似非研究者
最近欲しいのは奥の手
最古記事
(07/12)
(08/13)
(08/17)
(08/19)
(08/19)
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【う】6.裏表


「さて、此処に一枚のコインがあります。一部のモノを除けば、大概のモノは裏と表があります。
そして、このコインを指で弾く。コインは重力に引っ張られるがまま、下へと落ちます。
さて。このコイン、裏と表の出る確率は如何程のものでしょう。はい、簡単に答えは出ますね。
裏と表。共に出る確率は二分の一。当然、何も細工をしていなければの話ですが。まあ、普通は二分の一です。
そう、『普通は』。さて、考えてみてください。本当に裏と表だけなのか。私の言っている事、解りますか?
もう一つ、極々小さい確率でもう一つの可能性があります。そう、裏でも表でもない。
『コインが立つ』という可能性。確かに、飽くまで可能性の話です。無造作に弾いたコインが、直立する可能性など、万に一つでしょう。
ですが、確かに存在しうる可能性。しかし、無視する事のできる可能性。そう、例えコインが直立してしまったとしても、もう一度投げれば済む話ですから。
逆説、万に一つでも存在し、無視する事ができない可能性があるのもまた事実。その可能性を潰し、それでも尚ちらつく可能性。」


「ようするに、何が言いたいんだオマエは。」
「注意し過ぎて悪い事はない。」
「回りくどい。」

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © らぼらとりー別館 All Rights Reserved.
忍者ブログ/[PR]