忍者ブログ
ここはTW2「シルバーレイン」のPC「朱鴉・詩人」「リズ・シュトラウト」「フィズ・シュトラウト」のブログです。 解らない人は回れ右。 基本的にリンクフリー。何かしら報告してくれたら狂喜
カウンター
web拍手
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
朱鴉・詩人
性別:
男性
自己紹介:
結社「Laboratory」の責任者
割と真面目だが、ネタもどんとこい
年中白衣の似非研究者
最近欲しいのは奥の手
最古記事
(07/12)
(08/13)
(08/17)
(08/19)
(08/19)
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SSをリクエストされたので書いてみました

はいはい、オツカレサン。カノンに頼まれたんか
えーっと、タイトルは「ラボ的日常」だそうだ

読みたい人は追記をクリックだねっ


「さて。此処の所、新たな能力者達と立て続けに『運命の糸』とやらが結ばれています。」

 ゆらゆらとカップの中の液体を揺らしながら呟く詩人。茶飲み話のつもりだろうが、それが能力者についてというのは少しばかり外れていると言うか。
 彼自身も能力者なので、その自覚が薄いのかもしれない。

「運命の糸って、何だか素敵な響き、だね。」

 紅茶をゆっくりと飲みながら、それに答える花音。能力者としては少々ずれた言ではあるが、この年頃の少女の感性から考えれば妥当である。

「確かに、詩的な響きですね。どんなに近くにいても、互いに結ばれなければ、気付く事も出来ない。このテーマだけで、噺が一つは書けそうですね。」

「やっぱり、色は赤かなぁ……。」

 ロマンチックな言にもちゃんと相応に返す辺り、詩人も律儀だ。詩人としては茶飲み話のつもりで話した事。能力者としての答えよりも、花音個人としての答えを期待していた感が強い。
 詩人はゆっくりと紅茶を飲み干すと、もう一杯注ぐためにポットに手を伸ばす。持った手応えが軽く、中身が無くなったのを悟ると詩人は新しく淹れ直す為に席を立つ。

「宵咲さんも、もう少し飲まれますか?」

「何かお菓子も欲しい、かな…?」

 可愛くおねだりされてしまっては出さないわけにはいかない。苦笑しつつ、詩人はクッキーの缶を取り出す。どうでもいい事だが、ラボの備品庫にはそれなりの量のお菓子が備蓄されている。この男、職権を乱用しすぎである。
 新しく淹れ直した紅茶の入ったポットと、スティックシュガーを何本か、それとクッキーの缶を持ってテーブルに着く。

「さて、と。どこまで話しましたか。運命の糸は赤色がいいな、と言うところまででしたっけ。」

「やっぱり、赤い方が素敵だよ。」

「運命の人とは小指同士が赤い糸で繋がっている、でしたか。何が発祥かは解りませんが、浪漫ですね。」

 こぽこぽと自分と花音の紅茶を注ぎながら答える。花音はそれにスティックシュガーを二本、詩人は一本入れる。中央を折るようにしてスティックシュガーを使う詩人。

「変わった使い方、ね。」

「昔、とある人に教えてもらってからの癖なのですよ。余り意識していなくて、よく突っ込まれます。今みたいに、ね。」

 ゆるゆると砂糖を溶かし回す。かき混ぜるものがティースプーンではなく、ガラス棒な辺りがラボらしい。

「まあ、その赤い糸とやらが結ばれたのがヘリオン、月のエアライダー。小間使いの妹がヘリオンらしいですが。」

「エアライダーは……かっこいいの。」

「そして、それに伴って新しく見かけるようになった六つの詠唱兵器。仲でも変り種は眼鏡とエアシューズ、ですか。」

「目からビーム、だね?」

「こう言ってはなんですが、ビジュアル的にとても笑いを誘う光景だと思います。」

 その光景を想像したのか、詩人は苦笑いをこぼす。花音はクッキーを食べている。リスっぽい。

「エアシューズは、かっこいいね。ちょっと、物騒だけれど……。」

 月のエアライダー集団のリーダーが使っていたエアシューズにはブレードが付いていた。恐らく、花音はそれを指して言っているだろう。『武器』である以上致し方ないことだ。

「個人的には、あのブレードが好きなのですけれどね。………あのブレードで、ゴーストの首を掻き切るのですよ。」

 クツクツと危ない笑いを漏らす詩人。花音が「朱鴉さん、怖い……」といったが聞いちゃいない。今に始まった事ではないので、幼馴染の蛍などはあっさりと流す事だろう。

「ラボはヘリオン、月のエアライダーとも結社ジョブとして確保してありますので、いつでもご利用ください。」

「月のエアライダーは気になってたから、嬉しい、かな。」

 ちなみに、詩人は既に月のエアライダーをバイトジョブに据えている。今まで使っていた日本刀が使えなくなってしまった為、少々困っているらしい。

「それにしても……。」

「……?」

「どうしましょうね、コレ。」

「どうしよう、ね?」

 大量に積まれた本と資料。今にも崩れだしそうである。
 紅茶を飲まずに片付ける、という発想はお互いに無いらしい。
 なんでさ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あー、今読み返すと微妙かも
オチ決めてなかったからか
おたま(中の人) 2007/03/19(Mon)00:04:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © らぼらとりー別館 All Rights Reserved.
忍者ブログ/[PR]